オリジナルデザイン Tシャツ

素敵なオリジナルTシャツを作りたい!

クラスTシャツや、チームTシャツでオリジナルのTシャツを作る場合、誰しも「素敵なオリジナルTシャツを作りたい!」そう思いますよね。どんなデザインのものでもいいや〜適当に作っておいて〜そんな人はいないと思います。

 

折角お金を払って作るTシャツです。素敵なものにしたいと思うのが自然だと思います。ただ、オリジナルデザインというと、専門の人にお願いしないと素敵なデザインにはならないんじゃないかと不安に思う人はいると思います。ここではオリジナルデザインのTシャツのデザインについてポイントをご紹介したいと思います。

 

 

バッグの色を決めよう!

オリジナルTシャツのバッグの色というのはこの場合、Tシャツ自体の色という事になります。デザインの色も重要ではありますが、土台となるTシャツの色も出来上がりの重要なポイントとなるんです。

 

例えば、文字だけのデザインを良く見かけますが、この場合文字は単色の場合が多いです。例えば白や黒。こういったカラーの場合土台の色で目立つデザインかそうでないかが決まってきます。黄色のTシャツに白文字では目立ちませんし、青や紺などの暗い色に黒文字も目立ちません。全体の色を考えて色を決めることをおすすめします。

 

Tシャツカラー

 

ビビットから、パステルと豊富なカラーが魅力

 

デザインを決めよう!

デザインはもっとも悩むところですね。デザインの得意な人や、好きな人がいればおまかせしてデザインしてくれると思いますが、そうでない場合はあなたがやって、あの人がいいんじゃない、といやな遠慮のやりとりになってしまいます。

 

デザインといっても意外と簡単だったりしますので、苦手と思いこまずやってみる事をおすすめします。例えばチームのロゴがあれば意外と簡単です。配置と大きさを考えればいいのですから。あとはスローガンを大きく単色で配置しても素敵な仕上がりになると思います。

 

何も思いつかないのならネットのオリジナルTシャツのデザイン例をみて参考にしてみるのもいいですね。また、ショップにデザインをお願いする事もできますよ。

 

 

お客様の声

お客様の声を見てみるのも参考になります!

 

 

 

 

Tシャツコラム

6時になると暗くなります。日が落ちると冷えてきます。彼岸も終わり春へまっしぐらです。半袖シャツの出番です。Tシャツはネットのストアですぐに買える時代です。カラーのバリエーションも豊富ですし、ロングTシャツから大きいサイズまで何でもあります。

 

また、オリジナルプリント印刷も安価でありました。主流はシルクスクリーン印刷です。まずは多種類の中からプリントボディを選び、いちばん大事なデザインを決めます。カラーも選択します。あとは業者さんに入金して仕上がりを待つだけです。

 

デザインは著作権などに気をつけてください。通常、プリント代は1色ごとに幾ら、あと版代がかかります。一度版を作れば以後プリント代だけになります。

 

ラグランシャツは袖だけ色が違うものです。某人気プロレス団体のシャツがこういうものだったはずです。一着ほしいアイテムです。ポロシャツはポケットありとなしがありますね。そういえば普通のシャツもポケットなしのを1枚もっています。気温が上がってきたので、ウインドブレーカーも一着ほしいです。

 

オリジナルグッズを注文する会社は高度な技術力をもつところがいいです。苦心して考え抜いたデザインをプリントするからには、同じコストであれば満足度は最高の仕上がりが一番ですから。それを探すのは難しいですが、入念に調査するうちにだんだん分かってくるのではないでしょうか。思いは叶うという法則もありますし。根気強く探しましょう。

 

 

ライン1